セール

2018 オーパス ワン 750ml

¥63,566

※ワインはデリケートな商品でございます。弊社では発送前にコルクの状態やエチケットの状況、液面低下等の再検品を行ないます。、必要であれば画像をお客様にお送りしご確認いただくことも可能でございます。

説明

オーパスワンの歴史

オーパスワンは、フランスのポイヤックにあるシャトームートンロスチャイルドのフィリップドロスチャイルド男爵と、有名なナパバレーのヴィントナーであるロバートモンダヴィによって設立されたパートナーシップです。ナパバレーのブドウ園から高級ワインを生産するこのパートナーシップは、1979年に最初のヴィンテージを作り、1991年からオーパスワンでワインを作りました。2人の創業者の顔のプロフィールは、その象徴的なラベルに表示されます。

オーパスワンワイン

時間の本質は、各ヴィンテージの特徴によってOpus Oneワインで表現されます。しばしばテロワールと定義される場所は、地理、気候、そして力とフィネス、構造とテクスチャーの間のワインのバランスに取り込まれる人間の本質的な要素を表しています。

創業者のビジョンに導かれ、ワインメーカーのマイケル・シラッチは、直観と技術的な洞察力を、ブドウ栽培家とワインメーカーの二重の視点と組み合わせています。ベリーのテイスティングから、新しいフレンチオーク樽での慎重な選別と長期熟成まで、ワイン醸造プロセスの各段階には、同じ細心の配慮と注意が与えられます。 18か月後、Opus Oneワインは瓶詰めされ、毎年10月1日にリリースされるまでさらに15か月間保管されます。

オーパスワンワイナリー

ブドウ畑から優雅にそびえるオーパスワンワイナリーは、土地と土地を取り囲むオープンスペースの微妙な祝賀に立ちます。それは、世代を超えた単一のワインに関する創業者のビジョンの継続的な証拠です。

4つの区画で構成されるオーパスワンのエステートブドウ園は、ナパバレーの有名なオークビルAVAの西部にあります。合計100エーカーの2つの区画が、有名なTo Kalon Vineyard内にあります。これらは、ワイナリーを包むバレストラとリバーの区画の合計70エーカーによって補完されます。ブドウ園では、手作業による収穫やその他の伝統的なアプローチが、最も効果的な場所で行われます。現代の技術がワイン生産プロセスに利益をもたらすとき、それらは研究され、評価され、実践に組み込まれます