SALE!

2005 シャトー クロ レグリーズ 750ml

¥26,097 ¥22,379

※ワインはデリケートな商品でございます。弊社では発送前にコルクの状態やエチケットの状況、液面低下等の再検品を行ないます。、必要であれば画像をお客様にお送りしご確認いただくことも可能でございます。

説明

ポメロールの貴族に属するのは、決定の結果ではなく、クロ・レグリーゼの場合のように、質と伝統の遺産です。四半世紀以上前の1925年に、Ch Trotenoyの所有者であり、ポメロールのブドウ栽培農業連合の社長であるSavinien Giraudは、ボルドー商工会議所にポメロールの最高のワインの「分類」を提出しました。 Clos L’Egliseは、主要なランナーの1つです。これが、クロ・レグリスの評判と、同業者である同盟のメンバーによって割り当てられたランクを日付付けすることができる理由です。

18世紀、14ヘクタールのクロレグリーゼは、ポメロールの中心を形成し、現在も形成している約12種類の偉大なワインに先立ち、ポメロールにとって非常に大きなドメインであると考えられていました。その後、この地所はクロ・レグリーズの名前を取りました。しかし、継承の問題に続いて、一方は元のクロ・レグリーゼ(ルシュー家)、もう一方はクロ・レグリーゼ・クリネ(モーレ家)と2つに分割されました。したがって、クロ・レグリーズには、数世紀にわたるワイン生産の伝統があります。

偉大なワインに個性を与えるのは土壌であり、それを完全に開発したのはシルビアーヌ・ガルシン・キャシアードの努力です。彼女は1997年1月にこの物件を引き継ぎ、ペサックレオニャンのシャトーオーベルジェでの経験を利用して、チャイを完全に再編成しました。

土壌は粘土と砂利で構成され、鉄が堆積しているため、ポメロールに独特の特徴があります。丘の斜面に位置し、ブドウ畑のほとんどは、有名なポメロール高原の休憩で、建物の南西に広がっています。 6ヘクタールの面積をカバーしています。ブドウ園は、60%のメルロと40%のカベルネフラン(またはブーシェ)で構成されています。

ワインは伝統的な方法で作られています。